開明かしの木こども園に ズームイン!

園児の成長を感じられることが、保育士として働くエネルギーに!

國場 実花子(くにば みかこ)さん
  • 勤務年数 :入社2年目
  • 担当業務 :3歳児担任

1日のタイムスケジュール

企業POINT

 開明かしの木こども園は、園児一人ひとりを大切にし、保護者に信頼され、地域からも愛される園を目指しています。園児がここに通うのは、人生においてたった数年ですが、その数年の体験が、楽しいこと、つらいこと関係なく、今後の成長に影響を与えます。

國場さんは、どうして保育士になろうと思ったのですか?

私が幼稚園の時の担任の先生に憧れたのがきっかけです。友だちとケンカした時、仲直りの方法を教えてもらったおかげで、今でもその友だちといい関係を続けられていて、とても感謝しています。
あと、近所に住む小さい子とよく遊んでいたり、純粋に子どもが好きということも大きな理由です。

保育士のやりがいは、どんなところにありますか?

些細なことでも、できなかったことができるようになってくる。例えば、紙パンツが取れたり、箸の持ち方が上手になったり。
お友だちにすぐ手を出してしまうトラブルの多かった子が、手を出す前に、言葉で解決できるようになったり…。
そういう園児たちの成長を見るのがやりがいですね。

今まで、仕事で苦労したことやうまくいかなかったことはありますか?

なぜか私にだけ懐いてくれず、抱っこしようとすると大泣きする園児がいました。その時は悲しかったです(笑)。
あとは、ピアノがあまり得意ではないので、弾いている最中に止まってしまうこともあって…。園児たちに申し訳なく思っています。だから、今も休日レッスンを頑張っています!

ピアノを弾きながら園児の様子を見ている先生

進路を決める時のアドバイスなど、今の高校生に伝えたいことはありますか?

中学2年生の時に1週間、幼稚園へ職業体験に行きました。この経験はすごく貴重で、子どもが好きだということを確信できたし、将来自分がこの世界で働くビジョンを持つこともできて、夢が明確になりました。
高校生の皆さんには、職業体験の機会があれば、ぜひ積極的に参加してほしいです。

ライター:インターン生・西村

医療,福祉 > 教育・保育業

開明かしの木こども園

子ども・保護者・職員が 共に育ち合う保育を

タグ
公開日

シェアしてね!