開明かしの木こども園の ワザ はこれだ!

ひとりぼっちの保育教諭をつくらない

ワザ調査レポート

2021/07/16

インターン生・中川

保育教諭みんなで子どもを育てることを大切にしており、園長先生もクラスの先生たちに混ざって保育に参加しています。園児だけではなく先生の様子も見守り、毎日顔を見て調子が悪そうな時にはすぐに行ったり、よい行動をほめたり、たくさん声を掛けています。先生もホッとできる園の環境づくりがワザで、先生が笑顔で楽しむことが、子どもも楽しむことにつながると思いました

企業POINT

開明かしの木こども園は、園児一人一人を大切にし、保護者に信頼され、地域からも愛される園を目指しています。園児がここに通うのは、人生においてたった数年ですが、その数年の体験が、楽しいこと、辛いこと関係なく、今後の成長に影響を与えます。

園長先生もいろんなクラスで先生たちに混ざって保育に参加するって素敵だなぁ

クラスの違う先生同士の交流にも力を入れているログ。週1回のペースで話し合う機会を設けたり、保育の様子を一緒に振り返ったりすることもあるログ

園全体で子どもを育てることを大切にしているんだね

そうログ!
樫の木会の他のこども園、保育園や施設とも情報交換して、「よりよい保育」を目指しているログ

医療,福祉 > 教育・保育業

開明かしの木こども園

子ども・保護者・職員が ともに育ち合う保育を

タグ
公開日

シェアしてね!