株式会社 エアグラウンドに ズームイン!

動画のクオリティを上げるため、必死に努力を重ねています

赤松 祐有(あかまつ ゆう)
  • 勤務年数 :入社1年目
  • 担当業務 :動画制作・カメラアシスタント

1日のタイムスケジュール

企業POINT

 株式会社 エアグラウンドは創立以来、「身近な人を笑顔に!」というスローガンのもと、お客様の要望に応えるために業務を拡大してきました。動画制作からスタートしましたが、動画を掲載する場所がないというお客様の悩みを解消するためにWeb制作を開始。

どうして映像制作の仕事をしようと思ったんですか?

小さい頃から漫画・アニメ・映画は好きでした。大学は文系の情報学部でしたが、講義で映像を作る課題を出されて、初めて撮影・編集を経験しました。
それが楽しくて映像に関わる仕事がしたいと思うようになりました。小さい頃から好きだったことが、大学に入って明確に将来やりたいことになり、今それが仕事になっているという感じです。

映像をつくる工程の、企画・撮影・編集のうちどれが一番大変ですか?

編集です。素材を組み合わせて、クオリティを上げる作業はとても楽しいですが、まだ自分の引き出しが少なくて、うまくいかない時があります。
一番の勉強方法は上手な人の作業を盗むことだと思い、最近、社長の後ろで編集の進め方を観察していたら、とても詳しく教えてもらいました。その他、早く仕事をするコツなども先輩方から学びたいです。

撮影では自分の身長より大きいカメラを扱うことも

朝礼ではどのようなことを話されるんですか?

事務連絡や今日の作業予定ですが、毎回最後に社長が「昨日の良かったところ」を報告してくれて、それが結構面白いです。
私も時々褒めてもらいますが、その日のモチベーションが上がりますね。動画のクオリティを上げる努力や自分では気づいてないことを褒めてもらえると、自分の長所が分かり、より一層やる気になりますね。

映像業界に入りたいと思っている子に何かアドバイスはありますか?

映像制作の企画がしたいのか、カメラマンになりたいのか、編集がしたいのか。編集の中でもアニメーションか、実写かなど、映像制作という広いくくりから、自分の興味のあるポイントを絞るのが良いと思います。
あと、自分が好きな映像をストックしておくこともお勧めです。私にも、人におすすめしたい映画トップ3があります!

ライター:インターン生・西村

情報通信業 > 映像・Web 制作業

株式会社 エアグラウンド

クリエイティブな力で地域の情報を世の中に発信

タグ
公開日

シェアしてね!