開明かしの木こども園の ワザ はこれだ!

保育士全員のチームワーク&連帯感

ワザ調査レポート

2020/03/12

インターン生・西村

保育はチームワークが大切!担任だけに任せず、保育士さん全員で園児の状況を話し合い、共有することで、良い保育が実践できるのだと実感しました。担任とうまくいかない園児がいれば、他の保育士さんも一丸となってフォローされています。園児に孤立感を与えると、成長の妨げになるからです。保育士全員で園児を育てる。そのチームワークと連帯感に「ワザ」を感じました。

企業POINT

 開明かしの木こども園は、園児一人ひとりを大切にし、保護者に信頼され、地域からも愛される園を目指しています。園児がここに通うのは、人生においてたった数年ですが、その数年の体験が、楽しいこと、つらいこと関係なく、今後の成長に影響を与えます。

幼いころに体験した嫌なことはトラウマになって、成長してからも苦しんでしまうから、そうならないためにも手厚いサポートが必要になるログ。

教室の風景

確かに、僕が幼稚園に通っていた時も、担任とか関係なくいろんな先生と遊んだ記憶があるなー。

今日したこととかが書いてある、連絡ノートみたいなものもあったよね!!

この世に生を受けた子どもたちが、親の次に関わる大人だからこそ、先生には安心感と責任感が求められるログね。

医療,福祉 > 教育・保育業

開明かしの木こども園

子ども・保護者・職員が 共に育ち合う保育を

タグ
公開日

シェアしてね!