旭建設 株式会社の ワザ はこれだ!

施工管理の通訳集団

ワザ調査レポート

2020/02/02

インターン生・南部

施工管理業務は、職人とお客さんとの橋渡し役になることも多いのですが、 建築に関する専門知識を持たないお客さんの要望をうまく吸い上げられないことも多いそうです。旭建設は、基本的に現場監督未経験者を採用し、知識や技術をしっかり学んでから現場管理を任せるため、双方の視点から考えることができ、お客さんの要望をうまく職人に伝えることができます。まるで「職人とお客さんの通訳」みたいだと思いました。

企業POINT

 旭建設 株式会社は、主に職場環境を改善するための改修・補修工事の施工管理を行う会社です。工場関係の工事が多く、割れた窓ガラスの修理や入れ替え、雨漏りによる屋根の補修、基礎工事のやり直し、更衣室の新設など、顧客の要望に応じてさまざまな改修・補修に臨機応変に対応しています。

双方の意見をうまく相手に伝えられるってすごいログ!!

はじめてのお客さんにもわかりやすいように作ったチラシ

確かに、理系の人と文系の人が話してても考えてることが食い違うことってよくあるもんね。

そうログ。しかも、営業や見積もり、工事関係と部門が分かれてなくて、一人の人が担当するから部門ごとの食い違いもないログ。
お客さんが思っている「ココが便利」とか、「ココが困っているんだ」という意見をストレートに伝えられることが、旭建設が目指しているゴールなんだログ!!

建設業 > 総合工事業

旭建設 株式会社

顧客の思いと職人の技をつなぐ職場改善のエキスパート

タグ
公開日

シェアしてね!