株式会社 新征テクニカルの ワザ はこれだ!

全員が溶接と機械のスペシャリスト!

ワザ調査レポート

2020/03/31

インターン生・南部

機械加工と溶接の両方の技術を持つ会社は珍しいのですが、新征テクニカルでは「マルチな技術力」と立場が違う人の身になって考える「人の育成」に重点を置くことで、両方の技術が育つ環境をつくっています。工場内でコミュニケーションを図って、溶接志望でも機械加工に携わったり、機械加工志望でも溶接のライセンスを取るなど、全員がどちらの技術も身につく環境づくりに感動しました!

企業POINT

 株式会社 新征テクニカルは、さまざまな産業機械の部品をつくる会社です。
部品の製作には「機械加工」と「溶接」の2つの作業が必要ですが、この作業は、別々の会社で行うことがほとんどです。ところが、新征テクニカルでは、材料調達から機械加工、溶接・検査・出荷と、部品製作の全工程を1 社で行うことができるのが大きな特徴です。

新征テクニカルでは、フレッシュな若手からベテランまで幅広い年齢層の社員さんが働いているよ。あえて若手社員さんに部門のリーダーを任せて、年上の社員さんともコミュニケーションがとれるような環境を作っていたりもするよ。

えっ、若い人がリーダーなの?
年上の社員さんがするんじゃないんだ。でも、若手社員さんがベテランの社員さんに指示を出したりするのって、何だかやりづらそう。高校1年生のうちから部活のキャプテンになるようなもんだよね?

そうだね。でも新征テクニカルの社員さんは、みんなとっても仲が良いんだ。
リーダーを若手に任せることで、ベテランの社員さんは他の人たちに技術を教えることに専念できるし、若手社員さんは責任感を持って仕事するようになって成長できる。「人の育成」に力を入れている新征テクニカルならではの取り組みログね~。

笑顔の社長と若手社員さん

なるほど、そういう狙いがあったんだね。確かにリーダーとしての自覚を持って仕事をするようになるから、作業中のミスも少なくなりそうだ。次世代の育成か…。僕もこれから仕事をするなら、こんな風に若手のうちから自己成長できる職場がいいな!

製造業 > 金属製品製造業

株式会社 新征テクニカル

加工と溶接の合わせ技で機械の心臓部をつくる

タグ
公開日

シェアしてね!